カテゴリ:映画( 7 )

映画デー


2006年も残り30時間ほどじゃね。
みなさまはどのように2007年を迎えるのでしょう?

昨日は、今年中に見ておきたかった映画を観に

ひとりで

シネコンにこもりきっておりました。
我ながらなんてネクラな・・・。

でも体力&時間的に2本くらいがやまかな。
ちょっとおしり痛くなってきちゃうし、目も痛いしね乾燥して。
おすぎさんなんて一日に5~6本観るっていうもんね。すごいよ。

で、昨日観た映画は
なかなか期待以上だった『鉄コン筋クリート』、
期待にちょっとおよばずだった『大奥』。
でもどちらも観てよかった。


来年も、観たい映画が目白押しで今からわくわくしとります。

スパイダーマン、マリー・アントワネット、
さくらん、オーロラ、ドリームガールズ、
華麗なる恋の舞台で、それでもボクはやってない、
パフューム、よき人ためのソナタ、フランキー・ワイルドの素晴しき世界、
イン・ザ・スープ、世界最速のインディアン、どろろ
そして、僕は妹に恋をする・・・♡ じゅんさま~♡

ひとりで観に行くのも気持ち いいけど
どぞおひまなかた一緒に観に行きませう♪
by kei-chan1130 | 2006-12-30 16:58 | 映画

って、元婚約者(レズビアン)に言われたら、売る?〉男子諸君


今日観た映画 「 セレブの種 」。
ほんとはフラガール目当てで映画館行ったんだけど こっちに目移り。

会社の不正を内部告発してリストラされた
エリートサラリーマンが
レズビアンの元カノからの"種付け"の依頼を受けることに。
優秀なDNAを持つ彼の噂はあっという間に広がり
子供が欲しいレズビアンたちが列をなす"種付け"ビジネスが始まる・・・
てゆーお話(R-18指定でした)。


なんかフクザツだったよ~。
同性愛、人種差別、社会の裏表・・・などなど
いろいろな問題が絡み合って、一筋縄にはいかないの。
こういう愛のカタチもあるのね~社会は厳しいのね~となんだか勉強になったような・・・。


しかし、あれだね。
両人同意の上での行為なのに、
誰も不幸になってないのに(生まれてくる子供はかわいそうかもしれないけど)
どうして"対人"の種付けビジネスが問題視されて 精子バンクとかはOKなんだろう。
ま、それも倫理的にはまだまだ賛否あるだろうけど。

同性愛者の人たちや、
子供がほしいけど男性側に問題がある夫婦とか
そういう人からしてみたら1回1万ドルでも出しちゃうんだろう。
現実にありそうなビジネスではある。


それにしても映画の中では、別に彼の「セレブ遺伝子」の部分には
あまり触れていないような気がするんだけど・・・。
ハーバードでMBAとって
31歳の若さで大手製薬会社の部長でって言ったらやっぱセレブなのか。
顔も体もすんごく魅力的だしね・・。

さて、公式HPで面白いことしていたからのっけてみる。


★あなたが欲しい セレブの種ランキング★(なんじゃ、そら)

【スポーツ部門】
1. イチロー
2. 中田英寿
3. 松井秀喜
4. 斎藤祐樹 (← 時の人、こんなとこにもランクイン笑)
5. デビッド・ベッカム
6. 新庄剛志
7. 長嶋茂雄 (← まだまだ現役なのか?)
8. 山本“KID”徳郁
9. 中村俊輔
10.古田敦也

【俳優・タレント部門】
1. オダギリジョー
2. 木村拓哉(SMAP)
3. 福山雅治
4. 速水もこみち
5. 阿部寛 (← 濃ゆそう)
6. 玉木宏
7. 妻夫木聡
8. 岡田准一(V6)
9. 大沢たかお
10.亀梨和也(KAT-TUN)

【お笑い部門】
1. 明石家さんま
2. 松本人志(ダウンタウン)
3. ビートたけし
4. 桜塚やっくん (← Σ(゚д゚lll)!!!!! )
5. 岡村隆史(ナインティナイン)
6. 太田光(爆笑問題)
7. 藤森慎吾(オリエンタルラジオ) (← やっぱ人気あるんだね・・・)
8. 河本準一(次長課長)
9. 浜田雅功(ダウンタウン)
10.木村祐一

【文化人部門】
1. 石田衣良
2. 北野武
3. 夏目漱石
4. リリー・フランキー (← リリーさんも文化人なのね、いちお)
5. 市川海老蔵
6. ビル・ゲイツ
7. 葉加瀬太郎
8. 坂本龍一
9. 東野圭吾
10.姜尚中

【政治家部門】
1. 小泉純一郎
2. 安倍晋三
3. 田中角栄
4. 後藤田正純
5. 麻生太郎
6. 石原慎太郎
7. 杉村太蔵  (← 唯一の若もの)
8. ジョン・F・ケネディ
9. 浜田幸一
10.小沢一郎

【外国人部門】
1. ジョニー・デップ
2. ブラッド・ピット
3. トム・クルーズ
4. オーランド・ブルーム
5. キアヌ・リーブス
6. リチャード・ギア
7. ペ・ヨンジュン
8. ウォンビン
9. イ・ビョンホン
10.ウエンツ瑛士 (← この部門でいいんすか?笑)

【総合ランキング】
1. 小泉純一郎
2. イチロー
3. 明石家さんま/ジョニー・デップ
4. ビートたけし(北野武)
5. 安倍晋三
6. 松本人志(ダウンタウン)
7. ブラッド・ピット
8. 中田英寿
9. オダギリジョー
10.木村拓哉


ちょっとびっくりな総合ランキングだよね。
小泉さんが1位って驚き。
そして、さんまさんとジョニー・デップが同立3位ですよ?
安倍さんがブラピやキムタクを抜いてるんだよ?


そいで初日とか来場者の人に
コレ配ってたらしい。ちょっと、すごくないですか??笑


セックスとか出産のシーンはかなりリアル。だけど汚くなくて
なんだかいろいろ考えさせられちゃう、シニカルな映画でした。
笑えちゃうようなバカバカしい部分もあって、私はわりと好きな映画だったけどね。


それにしても、レズビアンの人たちが
お金を払う前に 彼のモノを見せろってすごむシーンがあったんだけど、確認したあと、
「 合 格 ! 」
って即お金を出す気にさせちゃうくらいのモノってやっぱりすごいんでしょうか・・・。
すんごい気になる・・・。笑
by kei-chan1130 | 2006-09-29 20:54 | 映画

王と鳥 

日本に帰国後、毎日働いていまして
やっと本日がお休み・・・。
ゆっくり眠れてパワーをチャージできました。


さて、昨日の仕事帰りに観に行った映画『王と鳥』(アニメ)。
これが、とんでもにゃー作品でした・・・。


セリフが少ないのに音楽と画で「魅せる」というのでしょうか、

もの悲しいけど耳に残るメロディアスな音楽。
なめらかで艶っぽいキャラクターの動き。
ぼそぼそこそばい感じがたまらないフランス語。

などなど、ひ●やまの美的感覚に刺激しまくりっくす!!!
とにかく美しい!!


しかもひとつひとつのキャラクターや動き、言葉の裏に
全部深い意味があるような気がして(確実に、ある)
見た後の余韻がものすごいです。深いです、アニメのくせに。

今の映画って、感動した、泣けた=いい映画っていう風潮がある気がするけど
この映画は感動じゃなくて、観た後
何かに訴えかけてくるような、考えさせられる映画だと思った。

そして、50年前に作られてるのにまったく埃っぽくない。
むしろ50年前も今も本質は、大して変わってないということが少し悲しい。


"スタジオジブリの高畑勲と宮崎駿に多大なる影響を与え・・・"と
パンフレットにあるんだけど、見た後

「ってか、ジブリ、まるパクリじゃねーか!!!(`□´)」

ってなります。


でもこの世界観とか、映像美とか、アニメが人に訴えかける存在意義とかって
それぐらいこの人の作品が与える衝撃って大きいと思う。
すばらしいです、ポール・グリモー監督(どんな人か知らんが)。


この映画館、19:40の回に限って
この監督の短編映画3編も上映しています。

昨日はたまたま行ったらラッキーで全部見れたんだけど
どれも、美しいこと、かわいいこと!!
なーんか独特の世界にどっぷりはまっちゃった。

特に、「小さな兵士」は
ディズニーが自分も作りたかったと語るくらい
美しくも、切なくもあり、なんともメランコリックな映画でやんした。

ひさぶりに観たあとトリハダな映画に出会えたよ。すごいわ。
by kei-chan1130 | 2006-09-12 14:43 | 映画
昨日、ゲド戦記を観に行ってきたよん。

鑑賞予定あるかたは見ないほうがd(>_< )Good!!
by kei-chan1130 | 2006-08-08 21:01 | 映画

タイヨウのうた


『セカチューより泣けた』

がキャッチコピーのこの映画。
昨日 見てきました。

ネタばれ有。見るご予定の人はスルーしてね。
by kei-chan1130 | 2006-07-05 07:48 | 映画

嫌われ松子

日曜日、講座でのお仕事を終えて
渋谷に「嫌われ松子の一生」を観に行きました。

感想

中谷美紀が可愛すぎる・・・」

美人は何しても様になるというか
変な顔しても、刑務所に入っても、
顔が青くなっても、血だらけになっても
ホームレスみたいになっても美しいのです。

お花いっぱいの綺麗な映像と
聴いてて楽しくなる音楽の数々・・・。

そしてイケメン(死語?)率高しの俳優陣・・。
(ほら、コレとかコレとかコチラも、この方も。・・・コレは・・?)
とにかくキャストがゴーカです。


でも話はダークです。

これ、小説があるんだってね。
確かに、映像なくて活字にしたら
めちゃくちゃ暗い話だと思う。

いや、暗い話なんだけど
松子の気持ちいいほどの純粋なハートと
ハイスピードで笑えるトコ満載の
ポップでかわいい映像美が
それをあまり感じさせない。


地獄までついていくと言える位、
誰かを愛したことがありますか?

私には松子のように男を心底愛したりすること
できないかもなぁ。

どんなに不幸で嫌われ者でも
みんな誰かに愛されている。

そんなことを教えてくれるお話でした(たぶん)。
by kei-chan1130 | 2006-06-06 08:13 | 映画
昨日は仕事のあと、ゼミの隣の席のN様(趣味:女の子)と
スポンジボブ・スクエアパンツ ザ ムービーを観てきました。

ボブくんは、
夏休みにお世話になった会社のトップスターです。
アメリカでは4年連続でアニメ視聴率1位★
日本のアニメと違って
お下品であほ臭いギャグ満載の脱力系アニメ。
人間味溢れるなんか憎めないキャラがかわいいのさ。

そしてこの映画、おもしろすぎ!

前半からテンション高すぎで
かなりレベルの高い笑いがぎっしり…!
うまくできた話だな~と関心した矢先に
なぜ?という展開の連続。
実写とのバランスもステキ!

一緒に付き合ってくれたN様も大うけで
早速会場を出てキーホルダー買ってました。

ボブの映画は
渋谷シネクイント(パルコ上)で
26日(金)まで公開中!
こういう小ネタも拾えるようにしないと
若い子(女子中高生)とやりあえませんぜ~。>男子諸君
by kei-chan1130 | 2006-05-23 07:15 | 映画